スマートフォン解析

敏感肌は化粧水やクリームをどのように選べばいいのでしょうか

MENU

化粧水やクリームを選ぶ基準とは?

敏感肌は外部からの刺激を受けやすいので、化粧品を選ぶ時に、無添加、天然由来成分といった表示に安心感を持ちやすいと思います。

 

けれども、
無添加化粧品=安全な化粧品
というわけではありません。

 

無添加というだけでは、何が無添加なのかわからないからです。
無添加とされた成分に変わる他の成分が配合されているということでもあります。

 

また天然由来成分自然派化粧品という表示もあります。

 

天然由来成分や自然派化粧品と聞くと、植物などの自然のものから抽出されたエキスのように感じてしまいがちですが、天然の素材を化学的に処理して作られた成分が天然由来成分です。

 

また、オーガニックコスメという化粧品もあります。

本来のオーガニックコスメは、厳しい認定基準があり、その基準を満たしたものだけがオーガニックコスメとして認定されています。

 

世界にはオーガニック認証団体の世界基準であるフランスの国際有機認定機関エコサートをはじめとして、イギリスのソイル・アソシエーション、ドイツのデメターなど数多くの認証団体がありますが、日本ではまだオーガニックと表示することに対して徹底した認証システムが確立されていません

 

その為、本来のオーガニック製品の基準を満たさない化粧品も多く出回っているのが現状です。

 

化粧品を購入する際には、無添加、天然由来、自然派、オーガニックといった言葉のイメージを鵜呑みにせず、成分表示を確認して自分に合った安全な化粧品を選ぶようにしましょう。

 

化粧品に配合されている成分の表示は、化粧品を購入する人が、自分の体質に合わない成分が入っていないか、確認するために活用できるようになっています。

 

表示されている成分は、量の多い成分から順に表示されています。
但し、香料は全てひとまとめにして香料として表示されているので、香料の原料は表示されていません。

 

また、植物などの原料からエキスを抽出する際に使われた化学物質も表示されません。

 

 

肌に優しいパウダーファンデーション

しっとりと仕上がることからリキッドやクリームタイプのファンデーションを選びがちになってしまいますが、敏感肌のかたには特に肌のためには断然パウダーファンデーションがおすすめです。

 

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、乳液のようなものの中に色のついた粉である顔料を分散させています。
分離しやすいために乳化剤で安定させていますが、これが肌への刺激になる場合があります。

 

またこれらのファンデーションは液状で水分を含むため、腐りやすく、防腐剤もある程度必要になります。

 

一方パウダーファンデーションは水分を含まないので、防腐剤や乳化剤をあまり必要としません。比較的添加剤が少ないために、肌にやさしいといえます。

 

さらにパウダーファンデーションは、一種の紫外線散乱剤の働きも持ちます。
肌の弱い人は、日焼け止め化粧品使わずに、パウダーファンデーションだけで紫外線対策をすることもできます。
きちんとつければ、日々のUV対策はパウダーファンデーションだけで十分です。

 

粉浮きしやすいという人は、メイクをする前の保湿を十分することで解決できます。
それでも粉浮きしやすい人は、しっとりタイプのパウダーファンデーション固形の練り状ファンデーションを使うといいです。