スマートフォン解析

肌荒れ解消法を知れば毎日のストレス軽減につながる

MENU

肌荒れ解消法

1年中を通して顔がつっぱったりヒリヒリした痛みが出たりという悩みを持っている人が急増しています。

 

花粉の影響やハウスシックなどの原因もありますが、肌荒れの根源は間違ったスキンケアなどによるものなのです。

あなたの肌に合うスキンケア方法をご紹介します。

クレンジング

肌荒れの時はメイクはしない方がいいでしょう。
やむを得ずメイクをした時だけクレンジングをします。クリームタイプがいいでしょう。毎日のメイクやクレンジングは肌荒れを悪化させます

洗顔

こすり洗いや熱すぎるお湯での洗顔はやめましょう。
泡をのせている時間が長くならないようにします。
肌荒れがひどい場合はぬるま湯で素洗いをしましょう。

化粧水

しみる時は控えましょう。
化粧水をつけれない時はしみないクリーム(スクワラン・ワセリン)などをつけるといいでしょう。

乳液

油分が多く皮膚表面を覆ってしまうのでなるべく使わない方がいいでしょう。
その他、日焼け止めなどの化粧品は使用しないようにします。
肌荒れがひどくない場合であれば紫外線散乱剤使用のものであればいいでしょう。
化粧もなるべくしない方がいいですが、もしするのであればパウダーや
パウダリーファンデーションがおすすめです。

 

敏感肌はスキンケアだけではなく、体内の問題も影響しています。

簡単にできることから生活習慣を見直し変えてみましょう。

ストレスを溜めない

現代はストレス社会と言われているほど、ストレスを溜めやすくなっています。
そのままストレスを溜めているとホルモンバランスを崩し肌が荒れています事があります。特に20代以降の人に多いようです。
ストレスは肌の老化を早め、敏感肌や乾燥肌になりやすくなることもあります。
趣味などを見つけ、ストレスを発散する方法を自分なりにみつけ、
笑って過ごしているとお肌にもいい影響になります。

睡眠不足に注意

不規則な生活を送っていると肌に悪影響です。
特にいつも寝るのが深夜の場合、肌のターンオーバーが正常に行えなくなります。
すると肌の免疫力も低下し、少しの刺激にも弱くなってしまうのです。
毎日6時間は睡眠を取るようにして、規則正しい生活を送るよう心がけましょう。

冷えた食べ物は避ける

冷えた食べ物は血行を悪くします。
乾燥肌や敏感肌の人は血行をよくし、代謝を上げる必要があります。
お風呂上がりなどの冷たい飲み物はおいしいですが、血行を下げてしまうので
出来るだけ常温で肌にいい飲み物を飲むようにしましょう。

 

食べ物で肌質改善をしながら、摂取できなそうなものは美容サプリなどで補うといいでしょう。