スマートフォン解析

洗顔のちょうどいいバランスを覚えましょう

MENU

敏感肌の洗顔方法

自分の肌にあった洗顔料を選び、正しい洗顔方法で肌の脂汚れを落としてください。

 

石けんを手に取り、レモン大くらいの泡を立てます

うまく泡立たないときは、ネットなどを使うのも良いでしょう。
ですが、ソフトクリームのように泡立てる必要はありません。
泡そのものに美肌効果がある訳ではないので、たくさん泡立ててもメリットはありません。
泡は指とのクッションになれば十分です。

 

その泡を肌の上で転がす要領で、顔のTゾーンから洗いはじめます

洗顔のときの力加減は、卵を割らないぐらいの力と覚えておいてください。
眉間、小鼻のくぼみ、あごのくぼみなどは、洗い残しが多くなる箇所です。
その部分は薬指の指先を使って、しっかりと洗います。

 

髪の毛や胸元が少し濡れてしまっても気にせず豪快にすすぎます

髪の生え際やあごラインなどはすすぎ残しが多くなりがちです。
洗顔でしっかりと皮脂を落とさないと、その後のスキンケア成分が肌に十分浸透しません

 

 

洗顔料が弱酸性でも洗い流す水が中性なので、すすぎ終わったときの肌は中性です。
それよりも、洗顔料は皮脂や汚れをきちんと落とすことができるものを選ぶことが重要です。

 

 

自分にあった正しい洗顔方法で

最近ではさまざまな洗顔法が伝えられています。
しっかり洗っていまうと肌が乾燥してシワになる」などという誤解も蔓延しているためか、若い女性でも、どちらかというと顔を洗わなさすぎの人が多いようです。

 

ですが、40代くらいまでの人、つまり女性ホルモンの分泌がある人は皮脂分泌もされています。

 

アトピー性皮膚炎などの極端な乾燥肌の場合を除き、朝晩くらいは、 泡のたつ洗顔料でしっかり洗う方がいいです。

 

洗顔できちんと皮脂を落とさないとニキビの原因になったり、酸化された古い皮脂が肌の老化を招くなど、トラブルの原因になります。

 

そもそも肌の潤いを守るのは、皮脂ではなくセラミドなどの保湿物質です。

ですから、洗顔で脂分をしっかり落としても、スキケアで保湿すれば大丈夫です。

 

それよりも、古い脂分を肌に残しておく方が問題です。

 

シンプルな洗顔石けんが一番バランスが良いです。
洗浄力はものによって違うので、まず自分の肌で試すことが大切です。

 

そして、洗顔をしたあとに、肌を指でさわって
すっきりと皮脂が落ち、かつ、突っ張りすぎない」感触を確かめてください。

 

皮脂が残った「洗ったつもり」の洗顔を続けてしまうと、肌の老化を招いてしまうので注意して下さい。

 

ニキビという天敵に対応するために清潔を心がける

敏感肌の人にとって、ニキビができてしまうのは大事件ですよね。

 

肌が弱いから強力なニキビ薬は使えないし、カバー力の高すぎるコンシーラーは使えない・・・。
余計に肌荒れが目立ってしまうと思います。

 

そこでニキビができた時の対処方法ですが、思い切って潰すのだけは絶対にNGです!

 

普通の肌の人でさえ、潰してしまうとその後のケアに手を焼くものです。
最悪の場合、跡が残ってしまったり、余計にジュクジュクしてしまったりします。

 

患部が腫れ上がってどうしても我慢できない場合は、手をよく洗って清潔にし、先端部分の分泌液の部分のみ除きとるようにしましょう。
無理やり押しつぶすのだけは決して行わないでください。

 

それから、今では敏感肌用のニキビ洗顔も発売されていますから、その手のものを使うのも良いでしょう。薬品がたくさん入っているのもではなく、自然成分で作られているものの方が望ましいです。

 

また、過剰な洗顔は乾燥にも繋がりますので注意が必要です。

 

ニキビの治療に大切なのは、”清潔”と”保湿”です。
普段よりも気を遣い、焦らずに治しましょう。
特に、食事を変えると肌質も変わりやすいので、見直してみるのも良いと思います。