スマートフォン解析

20代、30代、40代のスキンケアのお悩みを大調査!

MENU

20代のスキンケア

20代は肌の変化が感じられる時期となります。

 

20代前半は、乾燥を感じ始める頃なので保湿ケアに気を使ってみましょう。
まだ皮膚の機能は衰えてないのでアンチエイジング系の化粧品を使えばいい!
というものではありません。

 

肌を修復する力は残っているはずなので、ベーシックなスキンケアでも大丈夫でしょう。
きちんと化粧を落とし、その後すぐに化粧水、美容液などで潤いを与えてあげましょう。

 

20代後半になってくると、

  • 毛穴が目立つ
  • 化粧のノリが悪くなる
  • カサカサ肌になった

などの症状がみられるようになります。

 

25歳以降は肌の乾燥化が急激に進みます。
20代前半以上にしっかり保湿ケアをしましょう。

 

インナードライにご注意

また、20代はインナードライになりやすい時期です。
インナードライとは、肌の表面は皮脂でベタベタしているのに、肌の内側は乾燥しているという状態のことです。

 

インナードライは肌の乾燥が原因です。
肌が乾燥すると潤いを保とうとする本能で皮脂が分泌されます。
肌の内部が乾燥していると皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

 

なのでまずは肌の内部に行きとどくようにしっかりと保湿をすることをおすすめします。
他にも、睡眠をたくさん取ったり、ストレスを溜めないように気をつけてみてください。

 

30代のスキンケア

肌は20代後半より老化が少しずつ始まってきます。

 

  • ハリがなくなる
  • シワが出てくる
  • 肌質が変わる
  • 事もあります。

これらはすべて加齢が原因で起こる現象です。

 

まだまだ若い!と思っていても肌の内部では老化が始まっていることを忘れてはなりません。
肌のキメが荒くなったり、肌がくすんだりすると顔つきにも影響を及ぼします。

 

大切なのは乾燥に負けない肌を作ることです。

 

30代のうちからきちんと手入れしておくと10年後、20年後の肌が変わってきます。
それくらい毎日のスキンケアは大事なのです。
忙しくて時間がない…という人にはゲルがおすすめです。
保湿力もありますし、手間をかけずに短時間でケア出来ます。

 

その他に紫外線対策もしなければいけません。
紫外線は老化を招く恐ろしい要因なのです。

 

それに加え、30代になるとエイジングケアもしなくてはなりません。
保湿するだけのスキンケアに美容液なども取り入れてみましょう。
目元や口元やほうれい線予防などにも気を使って見てください。

 

また、コラーゲンも減少する一途を辿るので食生活を気にするかサプリメントで補うなどするといいでしょう。

 

30代の肌は個人差が大きく表れる年齢です。
しっかりケアして綺麗な肌を保ちましょう。

 

40代のスキンケア

40代でも若く見える人と老けて見える人がいますが、
やはり肌の美しさで変わってくるのではないでしょうか。

 

つい厚塗りをしてしまいがちになりますが、若くみせるにはシンプルな化粧が一番です。

 

40代にもなると肌の老化が進み、シミやシワの他にたるみなども出てきます。

 

老化の原因は紫外線や乾燥、食生活の乱れなどがあります。
年齢を重ねるとコラーゲンが減少していったり、顔の筋力が衰えていったりします。

 

たるみが気になる方はマッサージが効果的です。
たるみがあると顔も老けてみられます。

 

肌の衰えの原因であるコラーゲンの減少。
そんな時は食事からコラーゲンを摂取する方法もあります。

 

40歳を過ぎると体内の女性ホルモンが減ってきます。
女性ホルモンの減少を抑えるのにホルモン補充療法という治療法もあるようです。

 

自宅で簡単にできることととしては、

  • しっかりとメイクを落とす
  • 洗顔は泡で洗う
  • 保湿はしっかりする

という事でしょう。

 

パックやアイケアなどは毎日行うと肌が疲れてしまうので週に2、3回位がいいようです。

 

また、顔のスキンケアも重要ですが、若く見せる為にはボディーケアも大切です。

 

お風呂上がりにクリームを塗って保湿をしたり、
肘や膝など乾燥するところには気を配ったりするといいでしょう。