スマートフォン解析

コラーゲンはアンチエイジングによく、ヒアルロン酸は敏感肌の人は注意が必要です

MENU

コラーゲン

美容にもアンチエイジングにも欠かせないコラーゲン。
いたるところで「コラーゲン配合」、「コラーゲン入り」などの文字を見かけますよね。

 

コラーゲンの役割は、細胞をつないだり、臓器を形成したりすること。

私たちの身体にあるたんぱく質の30%はコラーゲンで出来ているんですよ。
例えば、肌や血管壁、歯茎などもコラーゲンです。
言われてみれば、たしかにコラーゲンらしい弾力がありますよね。

 

コラーゲンは肌の弾力を取り戻すほかに、肌の保湿作用や、肌のターンオーバーを促す作用もあるんです。

 

コラーゲンはよく真皮にあると言われていますよね。
実は、基底膜にもコラーゲンがあるということはご存知でしたか?

 

この基底膜のコラーゲンが、実は重要なんです。

 

基底膜は真皮と表皮の間にあり、真皮からの栄養を表皮に届けたり、肌を強く保ったりする役割があります。
需要な役割を持つ基底膜のコラーゲンが減ってしまうと、これらの役割がうまく行えなくなってしまうんです。もちろん、肌のターンオーバーもどんどん遅れ、シミの原因にも…。

 

反対に、基底膜が元気でしっかり役割を行ってくれると、肌も元気になります。
ですから、敏感肌さんにもコラーゲンはオススメなんですよ。

 

特にオススメなのは、やはり化粧水美容液ですね。
ドリンクやサプリメントも悪くありませんが、そもそもコラーゲンはタンパク質。
口から摂取すると、いったんアミノ酸に分解されてしまうので、あまり効率が良くないと言われています。

 

正しいスキンケアでエイジングケアをしましょう!

 

肌にあった化粧水や美容液で、しっかり肌を保護してくださいね!

ヒアルロン酸

1グラムで6リットルもの水分を保湿してくれる美容成分、それがヒアルロン酸です。

 

保湿成分の代表選手と言っても過言ではないでしょう。

 

…と、このように書くと「敏感肌をしっかり保護してくれそう!」って思いますよね。

 

しかし、敏感肌さんにはあまり積極的にオススメ出来ない成分なんです。

 

お肌を保護してくれるイメージのあるヒアルロン酸ですが、実は結構刺激が強め

 

ヒアルロン酸がたっぷり入った化粧水や美容液を肌につけると肌が負けてしまう事もあります。
特にアレルギー体質、アトピー体質の方は要注意です。

 

どうしても使いたい場合は、ほんの少量のサンプルから試すようにしましょう。

 

または、ヒアルロン酸が少量配合された石けんで洗顔をしたり、
ヒアルロン酸のサプリメントを飲んで、体内から補う方法がオススメです。

 

また手作りコスメ派の方で、ヒアルロン酸をたっぷりと入れる方がいらっしゃいます。
実はこれ、要注意なんですよ。

 

なぜかというと、必要以上に角質に水分がたまりすぎて、カビが生えてしまうことがあるんです。
その結果、さらに肌がもろくなってしまったり、炎症を起こしてしまうというケースも報告されているんですよ。

 

ですから敏感肌さんは、間違っても手作りコスメで必要以上のヒアルロン酸を入れないようにしましょう。ただでさえ辛い敏感肌が、これ以上辛い環境になったら目も当てられません。

 

美容成分は、たっぷり入れれば良いってものでもないんですね。
何事も「適量」が肝心です。