スマートフォン解析

シンプルなのに万能なホホバオイルと敏感肌にもやさしいホホバオイル

MENU

ホホバオイル

とにかく肌に優しい化粧品で敏感肌を保護したいとお考えなら、断然ホホバオイル。

 

ホホバオイル

 

ホホバオイルの効果は、

  • 肌を柔らかくする
  • 肌を保湿する
  • 皮脂にきわめて近い成分なので、肌なじみが良く、敏感肌にも優しい
  • 肌のターンオーバーを促し、美白してくれる
  • 過剰な皮脂を抑える、正常な分泌量に戻す

などなど。

 

日頃のスキンケアとして利用できるのはもちろん、ヘアケアやボディケアクレンジングとしても活用出来るのです。

 

しかも、お値段もお手頃。
安心度の高いオーガニック製品を購入しても、高い化粧品を購入するより断然安上がりです。

 

前述の通り、ホホバオイルの成分はきわめて皮脂に近いため、べたつきもありません。
さらっとしていて、とても使いやすいオイルなんです。

ホホバオイル

 

「オイル」というと酸化が気になるところですが、ホホバオイルはかなり酸化しにくいことでも有名です。
半永久的に酸化しないという説も。

 

ですから、純粋なホホバオイルなら保存料や酸化防止剤は不要
とっても安全で嬉しいオイルなんです。

 

どうしても不安な方は、小さめのボトルを購入して1年以内に使い切るようにしましょう。
小さめボトルなら、旅行にも持って行きやすくて便利ですよ。

 

 

実はこのホホバオイル、医療機関でも積極的に利用されているんです。

火傷やアトピー性皮膚炎などで、ホホバオイルにお世話になったことのある方もいるでしょう。

 

ただし!
いくらホホバオイルが肌に良いからといって、塗りすぎは禁物です。

 

少量手のひらにとって、まずは手のひらで良く伸ばします。
それをそっとハンドプレスでつければOK!
どうしてもものたりない…という部分にのみ、ちょんちょんっと重ね付けしましょう。

 

セラミド

肌のバリアとして有名な美容成分、それがセラミドです。

 

セラミドは、もともと人の肌にある成分なんです。

 

セラミドは肌の角層の中で、細胞や水分を繋ぎ止める役割をしています。
ですから、セラミドが充分にある肌は、ふっくら潤っていて、ほこりなどの異物も侵入出来ないようになっています。

 

しかし、セラミドが不足した肌は、水分がどんどん失われるため、カサカサと乾燥しやすく、また異物も侵入しやすい大変な状態
セラミド不足が続くと、ちょっとした刺激にも負けやすい敏感肌となってしまいます。

 

鏡を見る女性

 

ですから、セラミド不足により敏感肌になっている人は、乾燥性敏感肌であることが多いんです。
思い当たる人もいるのではないでしょうか。

 

乾燥性敏感肌に重要なことは

  • 洗いすぎない
  • 不足している成分を補う

の2点。

 

セラミドはもともと肌にある成分なので、外から補っても肌への刺激はありません
ですから、敏感肌さんも安心して使える美容成分なんです。
セラミドを外から補うことにより、しっかりと肌の表面にバリアを作りましょう。

 

そうすることで、新しく生まれてくる肌を守る効果もあります。
ちゃんと守られて生まれてきた肌は、前より丈夫で健康な肌になっていきますよ。

 

なおセラミドは、皮膚科での治療にも使われています。

特に、アトピーの方に処方されることが多いですね。
皮膚科の先生が、アトピー肌用に作ったセラミドクリームもあるんですよ。
セラミドの優秀さが伺えますね。

 

また、スキンケア商品でもセラミドを使ったものもあります。

ディセンシア アヤナスでは通常のセラミドよりも小さい20分の1サイズ浸透力も通常の4倍という「セラミドナノスフィア」を採用。
この「セラミドナノスフィア」が肌の奥へ浸透することで乾燥から肌を守ってくれます。