スマートフォン解析

クレンジングの基本は皮膚の厚いTゾーンから

MENU

クレンジングの順番

クレンジング料は界面活性剤を含むので、どうしても肌に負担になります。

 

クレンジングによるダメージを減らすためには、皮膚の弱い部分に極力クレンジング料を留まらせないようにすることです。

 

つまり、顔にクレンジング料をのばす順番が大切になります。

 

クレンジング料は、洗い流すタイプのクリームか乳化ジェル状のものを選び、
顔が濡れていない状態でつけます。

 

  1. 顔の中でも皮膚が比較的に強い、額から鼻にかけてのTゾーンにクレンジング料をのばしてください。
  2. 続けて両頬からあごのUゾーンに広げていきます。
  3. 最後に、最も皮膚が薄くて弱い目元と口元にのばします。

 

のばすときは、中指と薬指の腹を使って、軽くメイクアップ料となじませていくように、そしてぬるま湯で手早くクレンジングをすすぎ流してから、次の石けん洗顔に移ります。

 

石けん洗顔の場合も、泡をのせて洗う順番はクレンジング料と同様、Tゾーンから初めてUゾーンの洗顔を行います。目元と口元は最後にします。

クレンジングの方法詳細

 

手に何か化粧品を取ると、まず頬からつけ始める人が多いのですが、
クレンジングや洗顔など「洗うもの」はTゾーンから始めるように習慣づけてください。

 

反対に化粧品などの保湿するものはUゾーンからつけていくとよいです。

 

 

洗顔は汚れによって使い分ける

 

毎日の洗濯や食器洗いを思い出してください。
洋服を洗うときには、その汚れ具合に応じて、繊維を傷めない程度に汚れをきちんと落とす事が必要です。

 

また、油汚れがたくさんついた鍋や皿なら、汚れを落とした後も、ぬるつきがなくなるまで丁寧にすすぐはずです。

 

このように日々の生活の中で、それぞれの汚れに応じたものの洗い方を自然としているはずです。

 

洗顔もそれと同じように考えればいいのです。

 

水だけで洗う」や「泡をたっぷり立てて洗う」などさまざまな方法があります。

 

どの様な洗顔方法がいいのか迷う人も多いですが、すべての人に向けていえる理想の洗顔法を一つだけに絞ることは出来ません。
汚れを落としてかさつけない程度に洗う」という基準を満たす自分の洗顔方法をいち早く見つけてください。

 

季節によっては、洗顔料を使い分けたり、朝晩で洗い方を変えたり、肌の汚れ具合に応じた洗顔をしてください。

 

皮脂は寝ている間も出ています。
肌に残った皮脂は、時間がたつと酸化され肌老化の原因になります。
肌を傷めつけない程度に、皮脂汚れはしっかり落としてください。

 

洗い上がりは、肌をさわって指がキュッとなるぐらいがよい状態です。
自分の皮膚感覚を信じて下さい。