スマートフォン解析

エイジングケアはすべての女性にとっての命題

MENU

正しいスキンケアでエイジングケア

 

年代に合った老化予防のケアを心がけることで、綺麗な肌を保つことも可能です。敏感肌の方は得に日頃のケアを入念に行ってください。

 

【20代】

 

最も大事な事は紫外線予防です。

  • はっきりとした老化のサインはなくても、できる限り予防に努めてください。紫外線対策が一番です。
  • 普段のケアにはビタミンC誘導体の化粧水を使ってください。この1本でシミやシワの予防になります。保湿はヒアルロン酸の美容液が効果的です。
  • 皮脂のテカりを放置すると毛穴が開く原因になります。脂取り紙をまめに使ってください。

 

【30代】

 

ビタミンCの誘導体の化粧品とレチノール美容液

  • シミや小じわなどが気になり始める年代です。
  • ビタミンC誘導体の化粧品にプラスして、レチノール美容液でお手入れしてください。
  • 紫外線対策は20代よりも意識して行うようにしてください。
  • 毛穴も広がってくるので、自宅でできるピーリングなどを取り入れてください。

 

【40代】

 

ピーリングや超音波マッサージ

  • はっきりとした老化が気になる人が増えてきます。
  • 皮膚科でピーリングなどを受けてみてください。
  • ビタミンCやイオン導入などの美顔器を使ったケアや、超音波マッサージでたるみを予防してください。
  • 紫外線に対して肌が弱くなるので、日傘、UV手袋、UVスカーフは必需品です。

 

【50代】

 

運動や食事にも気を付けて

  • エストロゲンが低下するため、肌や体のあちこちに変化が表れます。
  • 女性ホルモン様作用のある大豆などを摂り、定期的に運動を心がけて下さい。
  • シワが深くなって気になる人は、ヒアルロン酸やボトックス注射を試してみるのもいいです。

 

生理の周期と肌の関係を知っておく

 

肌の状態は女性ホルモンが密接に関係します。
生理の前後で変わる肌の特徴を知り、それに合わせたスキンケアを行ってください。

 

 

生理前(高温期)

  • 皮脂が増えます

    固形石けんできちんと皮脂を落とし、油分の少ない美容液で保湿します。

  •  

  • 感肌になりがちです

    美白化粧品やシワの美容液などはピリピリと刺激になることもあります。そういうときは積極的なお手入れは控えて保湿に重点をおくことが大事です。
    マッサージや美顔器を使ったケア、除毛なども肌の負担になるので避けた方がいいです。

  •  

  • 紫外線に気をつけましょう

    生理前に便秘になると、肌荒れやニキビにつながることがあるので気を付けてください。

 

生理後(低温期)

  • 肌の状態が良好です

    卵胞ホルモンは生理後に分泌が高まるホルモンで、肌にみずみずしさを与え、コラーゲンなどを増やします働きがあります。

  •  

  • 積極的なスキンケアがおすすめです

    ホームピーリング、ビタミンCイオン導入、超音波マッサージなどを使って積極的なスキンケアを行ってください。

  •  

  • 生活リズムを整えてください

    この時期から「早寝早起きと運動を心がける」「冷たいものを控えて温かいものを摂る」などを意識しておくと、生理前の諸々の症状が緩和されます。意識して生活リズムを整えてください。